コラム

column

電気設備工事の強電と弱電の違いとは?

こんにちは!
大分県大分市で電気設備工事や電気工事、カメラ設置工事など幅広い業務を承っている葵電工株式会社です。
主に県内でのご依頼に対応しております。
電気設備工事の仕事に興味がある方の中には「電気設備工事における強電と弱電の違いって?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本記事では、それぞれの違いを詳しく解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

強電とは

強電
強電とは、低圧・高圧・特別高圧など、電力が強い弱電以外のものをまとめた呼び方です。
例えば、生活の中では正面やモーターなどに使用される電気が「強電」です。
また、コンセント・エレベーター・避雷針・空有超設備・発電機など、イメージした際に強いエネルギーを感じる設備には基本的に強電が使用されています。
ちなみに、高圧と呼ばれる配電線の電圧の大きさは交流が600ボルト~7000ボルト程度、直流だと750ボルト~7000ボルトほどとなります。

弱電とは

弱電とは、名前の通り小さい電力のことです。
主に信号を活用した電力で、一般的にはテレビやLAN設備・インターホン・放送設備・映像設備・防犯設備など、電気を信号として使用するものを指します。
ちなみに、強電が600ボルトからと高い電圧であるのと比較して、弱電は48ボルト以下の弱い電圧のものを指します。

電気通信工事に携わってみませんか?

仕事
弊社ではただいま、電気通信工事スタッフを求人募集しています。
経験・未経験は問いません。
未経験の方は、最初は先輩スタッフに習いながら仕事の基礎を自分のものにしていきましょう。
未経験で入社いただいても、プロの技術者になるまでしっかりと技術をお教えいたします。
仕事に慣れてくれば、より技術が求められる仕事に挑戦できますよ。
皆様からのご応募をお待ちしております。

電気通信工事は弊社まで!

弊社は大分県内で自動火災報知器の設置や防犯カメラの設置、ダクト工事溶接工事などの電気通信工事のご依頼を承っております。
業者をお探しではありませんか?
弊社には有資格者の電気工事士が在籍しておりますので、丁寧かつ確実な施工をスピーディーにご提供できますよ!
電気通信工事のご依頼を検討している方は、ぜひ弊社までご相談ください。

一緒に働く協力会社様募集!

弊社では、求職者と並行して協力会社様の募集も行っています。
企業規模は問わずに各種塗装業者様を求めておりますので、協力会社に興味をお持ちの方はぜひお気軽にご相談ください。
詳細は直接ご案内いたします!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!